三角点名  ー 山 名  立石山
所在地  玉野市番田字立石
コード  − 標 高  154m
概 況  <H30.01.21>
 「番田の立石」で知られる磐座信仰遺跡の番田ルートからの探査。集落道から北に延びる農道に取り付き、正面に立石を見ながらコンクリ道を登って行く。150m程登って西の地道に回り込むとイノシシ除けのフエンスがある。丁寧に開閉して作業道を奥(北)に進み、道路東側に古い小屋を見ながら更に進むと第2のフエンスに出合う。
 崩れた谷筋の土管を見ながら一旦は谷筋奥のフエンスを開けて北に進むも山頂への取り付き口が見つからず、引き返して崩れた谷筋の東約10mのところから第2のフエンスを越えて奥に向かう。直ぐにテープが見つかり、以後はテープに導かれて、顔や足元に絡みつく小枝等を整理しながら登って行く。山道は荒れたところもあるが、要所要所には石垣が積まれており、注意しながら奥に進むと視界も次第に開け、番田の集落が一望できるようになる。石垣は高所(標高110m付近)まで積まれており、「よくぞここまで!」と当時の苦労に感謝しながら登って行くと間もなく標高115mに辿り着く。
 正面に磐座信仰の巨岩群を見すえ、ザラメ砂の急坂を気を引き締めて登って行くと先ずは第5巨岩群、次いで第4巨岩群(岩の前面に楕円形の水鉢が彫ってある)、更に奥に回り込むと第3、第2の巨岩群が迎えてくれる。そして最奥の巨岩がシンボルの「立石」、その前には石段が設けられ、祠を据え付けていた彫り跡も残っている。大戦前までは牛神様:立石大明神が祀られていたようであるが、現在は祠等は残っていない。(往路:約30分)
 立石からは360度の大パノラマで、海上を航行する船の目標であったことも納得できる。
 
<R03.04.01>
 久し振りに山トモと番田から取り付き、【三頂山】へ縦走する。「立石」では、第1(立石)の磐座の南東面の下にタヌキの焼き物が祀られており、パワースポットとして一役買っているようだ。(タヌキの写真は山トモが撮影)

 *巨石群の大きさ等 (出典:「東児町史」昭和49年3月発行)
 第1(立石):山上側高さ(目測)9m、幅3.2m、側面3.7m 
 第2(左側岩):高さ(目測)6.8m、前幅3m、(右側岩):高さ4.4m、幅2m
 第3(中央岩):高さ3.45m、幅1.4m
 第4(右岩):岩の前に楕円形の水鉢(26×70p)
 *「玉野の地名と由来」(昭和58.7)によると第1(立石)の高さは12.3m

 <八丈岩山への登り>
 眺望を楽しんだ後、 「八丈岩山」に向けて北の山道を登って行く。(八丈岩山尾根ルートまで約15分。詳しくは【八丈岩山】を参照)


 <番田集落への下り>
 「八丈岩山」に往復して「立石」まで戻り、展望を楽しみながら往路を下って行くと凡そ20分で集落道に着く。
 下山後、集落を一周して各所から見える「立石」をカメラに収める。
以下の写真は何れもクリックで大
集落道から見える立石山

集落道から農道に取り付く
正面に見える立石
 コンクリ道から地道を西進
 
イノシシ除けのフエンスを開ける
 
作業道を奥に進む
道路東側には古い小屋がある
奥のフエンス手前の崩れた谷筋
第2フエンスを越える
テープに従って奥に進む
古い石垣が残っている
足元に注意しながら登って行く
次第に視界が開ける
高い石垣も…
長い石垣も… 
標高115mから見た磐座群
ザラメ砂の急坂を登る
第4巨岩群の岩には水鉢が彫ってある
立石(正面)
立石の南東面の下(2021.04.01)
立石(北面)
立石から北(八丈岩山尾根ルート)の展望
立石から北東(西大寺)の展望
立石から東(相引海岸・犬島)の展望
 立石から南(番田・【鉾島】)の展望
 立石から南西(ゴルフ場)の展望
立石から西【金甲山】の展望
 集落の南西から見た立石
集落の南東から見た立石
 北(上方)から見た立石

*クリックで大